フェアトレードの事情

ヨウコです。フェアトレード関係の記事やブログを読んだのでアップです。

色々調べていると、フェアトレードラベルは、生産者がより良い利益を得らている証ではない。というような記事を見つけました。

  • FLOの認証ラベルを受けるため手数料を支払う必要があることや、FLOで保証されている価格が実際の市場競争価格より低く設定されているなど、色々問題点があげられていました(最低価格設定は改正されているようですが…)。だからフェアトレード商品登録をやめてしまう生産者がいる。
  • コーヒーに関して言えば、需要と供給のバランスが供給過多になっているので、価格競争が激しい。などの現実もあるよう。
  • フェアトレード財団に登録している組合を通すより、直接買い手と取引をした方が利益がいいこともある。ラベルがなくとも質もよく、よりフェアなトレードが行われている場合もある。

などなど、

かなりラフにかきましたが、色々な現状があるようです。「フェアトレード」と「国際フェアトレード認証」の両方をしっかり理解していきたいと思いました。今後『ラベル非認証フェアトレード商品について』、『FLO登録についてについて』、『コーヒーの生産過多について』を調べたらアップしたいと思います!

 

取り急ぎ情報シェア

The Problem with Fairtrade Coffee (英語)

フェアトレード従事者の頭の中 イベント報告

 

もちろん批判的になりたくないけど、この本も読みたいです。

フェアトレードのおかしな真実 コナーウッドマン著

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中