初めまして、カオリです。

ダニ、扁桃腺炎、謎の鼻炎・・・次々と病魔に襲われ絶不調です(笑)。

そんなダメダメな近頃の日常の中、世界一貧乏な大統領のスピーチを見ていました。日本語訳があったので、下に全文を載せてみます。少し長いですが、読んでみてください。国の代表として、建て前や言ってはいけないこと、出来ないことがたくさんあるのは分かるけれど、人類の、自分自身の幸福はどこへ向かえばいいのか、を考えさせられました。これから活動していく中でも、結局どうなることが私の考える幸福なのかを、最近考えています。

ムヒカ大統領が言うように、現在の先進国の発展のみが幸せではないと思うし、では先進国に住む私たちが今の生活を全て捨てることも出来ない。ただ、私が悲しいのはご飯を食べて、成長して、大人になって、働いて、生きるという、<最低限の人間らしさ>が、悪いことをした訳じゃないのに奪われている人がいるということ。それをなくす為には何が出来るのだろう。

とりあえず、自分自身の体調を良くすることを考えます。。。

 

———————————————————————————————————-

会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

 

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい質問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか? 現在の幸福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください。ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか? 可能ですか? それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。

———————————————————————————————————-

ホセ・ムヒカ大統領( Wikipedia

引用→ http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/

演説動画→ http://www.youtube.com/watch?v=Q7aJcf_Lexs

 

Food Waste

今日のお題は「食料廃棄」です。

 

飢餓や病気に苦しむ人が減って、本当の意味で世界の人が「生きる」ことをできるよう、何か出来ることがないか ということで調べはじめたフェアトレード。 フェアトレードが広まるように、もっと売れるようにするには、と色々考えたのですが、何か腑に落ちないものがありました。もし、今売られているコーヒーがすべて公正取引によるものだとしても、必ず余りが出てしまうのではないか。いくら公正な取引だとしても、無駄になるものを生み出し続けるのはどうなのだろうか、と。

——————————————

世界で穀物は年間24億トン生産されており、これは世界で必要な量の2倍にあたるそう。それなのに年間1500万人以上の人が飢餓で亡くなっているそうです。

その原因はやはり、たくさんの穀物が一部の地域に流れているからです。世界の2割ほどの先進国が、世界の穀物の半分以上を消費しているそうです。穀物の6割が牛や豚、鶏などの餌になっているので、日常知らずとたくさんの穀物を消費していることになります。

たくさん消費するからたくさん食べ物が必要なんだ! というなら単純な話です。でも残念ながら、そのほとんどが食べられることなく、捨てられているのです。実際日本では、年間 5500万トンの食糧を輸入し、1800万トンも捨てています。なんと、食糧の廃棄率では世界一の消費大国アメリカを上回り、3000万人分(途上国の5000万人分)の年間食料と同じそうです。そして驚いたことに、その半分以上が家庭から捨てられているそうです。本当に胸が痛い事実です。

私は、色々な国に旅行や生活をしたり、オーストラリアやスウェーデン、イギリス、カナダ、フランスなど、海外の方と生活をともにしてきました。彼らの生ゴミの量は半端ない… 日本人はいちばん「もったいない」感覚を備えていると思っていましたが、現実はそうとも限らないようです。とはいっても食料廃棄をどのように算出しているのか不明なので、数字だけでは計れない部分はたくさんあると思うので、もっと調べたいこととの一つです。

食料廃棄の量が減る=飢餓が減る ということではもちろんありませんが、フェアトレードや食品輸入に携わるには、考えなくては行けない問題だと思います。いつも小出しですが、また調べたらアップしまーす。Yoko

関連映画はこちら: FOOD WASTE A Story of Excess

*情報 http://www.chikyumura.org/environmental/earth_problem/food_crisis.html

 

フェアトレードの事情

ヨウコです。フェアトレード関係の記事やブログを読んだのでアップです。

色々調べていると、フェアトレードラベルは、生産者がより良い利益を得らている証ではない。というような記事を見つけました。

  • FLOの認証ラベルを受けるため手数料を支払う必要があることや、FLOで保証されている価格が実際の市場競争価格より低く設定されているなど、色々問題点があげられていました(最低価格設定は改正されているようですが…)。だからフェアトレード商品登録をやめてしまう生産者がいる。
  • コーヒーに関して言えば、需要と供給のバランスが供給過多になっているので、価格競争が激しい。などの現実もあるよう。
  • フェアトレード財団に登録している組合を通すより、直接買い手と取引をした方が利益がいいこともある。ラベルがなくとも質もよく、よりフェアなトレードが行われている場合もある。

などなど、

かなりラフにかきましたが、色々な現状があるようです。「フェアトレード」と「国際フェアトレード認証」の両方をしっかり理解していきたいと思いました。今後『ラベル非認証フェアトレード商品について』、『FLO登録についてについて』、『コーヒーの生産過多について』を調べたらアップしたいと思います!

 

取り急ぎ情報シェア

The Problem with Fairtrade Coffee (英語)

フェアトレード従事者の頭の中 イベント報告

 

もちろん批判的になりたくないけど、この本も読みたいです。

フェアトレードのおかしな真実 コナーウッドマン著

Alnatura ドイツオーガニックショップ

先日からスイス短期滞在中のヨウコです。

スイスは暖かく日没もおそくて、毎日散歩に出かけたくなるお天気です。

週末、Alnaturaというドイツのオーガニックショップに行きました。Alnaturaはドイツのオーガニックチェーン店でドイツ国内75店舗あるそうです。

ショップには紅茶コーヒー、パスタや生鮮食品などの食品から、スイス・ドイツ・フランスのオーガニックブランドなど様々な商品が売られています。私はPrimaveraというドイツのオーガニック化粧品を愛用しているので、スイスにきた時はお姉さん夫婦にドイツまで連れてきてもらっています。

そんなショップで、フェアトレード商品を探してみました。見つけたのはコーヒー紅茶コーナー。やはり他有機商品を並んで、フェアトレード認証商品も売られていました。

写真 4 写真 2

 

 

FLO国際フェアトレード基準の中で、有機栽培が奨励がされています。フェアトレードがすべてオーガニックとは限らないけど、その二つは切っては切り離せない関係のようです。

私自身、ヨーロッパにくる機会が多いので、本当にとてもよくオーガニック認証マーク付き商品を目にします。

 

27025_bio-suisse_logobioEGVOKrav

スイスのBio Suisse、ドイツのBio-Siegel nach EG-Öko-Verordnung、スウェーデンのKRAV

日本は有機JASマークがあります。

yuuki

きっと色々な商品についているのでしょうが、正直あまりお目にかかったことのないこのマーク。

オーガニックといっても、ふんわりとしたイメージでしか理解していなかったので、いろいろ調べてみると、ナチュラルとオーガニックの違いや、JASは食品に限られていることなど、へ〜ほ〜と初めてのことばかりです。

ということで、またあらためてオーガニックについてもう少し詳しく書きたいと思います!